Logo




毎日、つくだ煮にするほど銅メダルをとっている日本だが、ランキングでは全然上がってこない。メダル数は3位なのだが、今、日本のメディアが掲載しているランキングは金だけだから、日本は11位タイになってしまう。

メダルの色は違っても、獲得したことは重要だろう。

そこで、金3、銀2、銅1のポイント制で昨日までのランキングをしてみた。

Medal Ranking20120801

 

日本は4位、これが実情ではないか。頑張っていると思う。
 

中国は「金以外はメダルじゃない」と言っているようだが、オリンピック精神に反している。出場しただけで尊いのがオリンピックだ。
 



ましてや3位以内に入ったメダルは、たたえられて当然だ。日本の選手は、メダルのプレッシャーにきわめて弱いだけにたたえたいところだ。
 

気になるのは開催国イギリスが不振を極めていること。まだ金がないし、メダルは4個しかない。


イギリスは前回、金191315をとっている。この数字に黄信号だ。開催国で、メダル数が前回よりも
少なかった国はこれまでほとんどない。イギリス国民は、ストレスがたまっていることだろう。
 

日本はこれからも銅狙いで良いと思う。個人ではなくて競技のレベルの底上げを図ってほしい。

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓