koshitara-eeno



文章は「読む」よりも「見る」。これまで、見出し、キャッチフレーズ、そして文章の中身でも「漢字と仮名」の割合、送り仮名、改行、「」の使い方などで、「見やすく」つまり「読みやすく」することが可能であることを説明した。

それ以外にも「見やすく」するための工夫はいくつかある。

中でも、飛躍的に文章をわかりやすくするのが、「箇条書き」。

 

「箇条書き」は、wikipediaによれば

 

いくつかの項目をひとつひとつ分けて書き並べる。項目は単語であったりであったりする。枠線を使わないの一種。

 

ということになっている。一般には文章ではなく「表」の仲間だと思われているようだ。


通常「文章を書け」と言われた場合に、人は「文章しか書いてはいけない」と思いがちだ。「表」に類するものは使ってはいけないという意識が働くようだが、報告書であれ、私信であれ、「箇条書き」を使ってはいけないというルールはない。


自分の書いた文章を本当に理解してほしいと思うなら、「箇条書き」はどんどん使うべきだと思う。

それくらい「箇条書き」は有効だ。

 

例文1

 

全国人民代表大会と全国政治協商会議の開催を控え、本紙が行った「2012年両会インターネット調査」によると、国民の関心が高い話題は、投票率がトップだった不動産引き締め策や住宅価格問題に続き、所得配分と養老年金体制の改革がそれぞれ11%と9%にのぼった。これによると、「公平な所得配分にはどの様な措置が必要か」との問いに対し、ネットユーザーは、労働者報酬の引き上げや賃金引き上げのメカニズムの確立、都市と農村、異なる業界間などの所得格差を縮小、健全な社会保障制度の完備、そして最低所得の保障ライン引き上げ などの意見を寄せた。

 

例文2

 

全国人民代表大会と全国政治協商会議の開催を控え、本紙が行った「2012年両会インターネット調査」によると、国民の関心が高い話題は、投票率がトップだった不動産引き締め策や住宅価格問題に続き、所得配分と養老年金体制の改革がそれぞれ11%と9%にのぼった。これによると、「公平な所得配分にはどの様な措置が必要か」との問いに対し、ネットユーザーは

 

(1)労働者報酬の引き上げ

(2)賃金引き上げのメカニズムを確立

(3)都市と農村、異なる業界間などの所得格差を縮小

(4)健全な社会保障制度の完備

(5)最低所得の保障ライン引き上げ

 

などの意見を寄せた。

 

文章の中身は同じだが、どちらか「見やすい」か。読む気がするかは一目瞭然だ。

「箇条書き」にすると、一番知りたいことが目に飛び込んでくる。

 



ただし「箇条書き」は、どんな文章でもできるわけではない。内容によっては、「箇条書き」が使えないケースもある。

「箇条書き」が使えるのは、文中に

1. 並列の内容が複数存在する

2. 時系列や順序立てて説明すべき内容が存在する

場合に限られる。

「並列の内容」とは、「と」「または」「そして」「さらに」などでつながる内容のこと。

「時系列」「順序立てて説明すべき内容」も「そして」「次に」「さらに」などでつながる。

そういう内容が多くて、こみいったときに、「箇条書き」は有効だ。 また「箇条書き」で書くことを意識すれば、文章の内容が整理される。これもメリットと言えるだろう。

「箇条書き」で書くときは、

1. それぞれの項を「改行」をして立てる

2. できれば、文章と箇条書きの間は「行間を開ける」 ことが望ましい。(こんな感じで)

「箇条書き」をするときの問題点は、あまりにも「箇条書き」が目を引きすぎるので、章立てが目立ちにくくなる、ということ。
「箇条書き」が入る文章を書くときは、章の見出しの前に■や●など強いマークをつけて、見出しを引き立てる必要がある。記号については次号で紹介する。

「箇条書き」は明日からでも使える。ぜひ、お試しを。

<span style="color: rgb(255, 0, 0); ">私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!
↓</span>

<!-- Rakuten Widget FROM HERE --><script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0f504d85.8061024c.0f504d86.92d4fc6d";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ver="20100708";</script><script type="text/javascript" src="http://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script><!-- Rakuten Widget TO HERE -->