iyasiike
asoko-20120623-Title

「細カレー」が有名なうどん屋。名前は「あそこ」。

黒門市場の西口から入ってすぐにある。この店には、先代の桂米紫、つまり私の最初の上司に連れてきてもらった。それ以来だから30年になる。

「あそこ」とは変な店名だと思うが、由来は利いたことがない。

その昔は屋台を引いていたという小さなおじいさんが、注文を聴くたびに鍋を火にかけ、カツオの出汁を入れ、カレー粉を入れて、片栗粉を溶き入れ、一つ一つ作っていた。
 

今も、その息子夫婦と思しき二人が、全く同じ作り方で作る。先日、久しぶりに行ったら、ご主人が先代によく似た容貌になっていた。

 
asoko-20120623-01

うどんには、普通の太いものと細いものがあるが、細の方がとろみのついたカレーの出汁がよく絡んでおいしい。ソフト麺のように見えるが、腰がある。

asoko-20120623-02
 

カレールーではなく、カレー粉をカツオ出汁に溶いた汁は、カツオの香りが残る。そして結構辛い。片栗粉でとろみがついているから、なかなか冷めない。

熱くて、辛くて、はじめのうちは「食べきれないのではないか」とさえ思うが、箸を進めるうちにどんどん食べやすくなって、胃にすっと収まる次第。

asoko-20120623-03

 



驚いたことに、この店、海外の旅行者向けのガイドにも載っているらしく、中国人のカップルがやってきていた。
 

黒門市場には、古い食べ物屋や喫茶店がいくつか、ひっそりと残っている。

夜、お客さんや宴会をするために、ふぐやクジラ、和牛など高い買い物をした後、こういう店でちょっと食べるのがまた楽しいのだ。

asoko-20120623-04 

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓