sasayamajou01

 

波多野氏が滅亡したあとの丹波篠山は、関ヶ原の戦いのあと、五奉行の一人、前田玄以の子、茂勝が入り、八上藩を作った。

 

tanba-01

茂勝はクリスチャンだったが父玄以に強制的に棄教させられた。そのストレスもあったかもしれないが、乱心をして家臣の命を奪ったために改易(解任)させられた。もともと茂勝は、関ヶ原の戦いでは西軍に従っていたから幕府には睨まれていたのだ。
 

そしてその後に、松井松平康重が八上藩を継いだ。


丹波と言う地は、大昔から一人の大領主が長く支配したことがない。京都に近い要衝の地で、しかも物成りが良かったから周辺の豪族が絶えず侵入したのだ。


また、丹波の各町はいずれも周囲を山に囲まれた盆地にあったため、連携することが少なかったのだ。

江戸幕府も丹波に強大な勢力ができるのを恐れたのかもしれない。丹波篠山は4つの大名家の支配を受けるのだ。


丹波篠山の街は、いわばそうした多くの支配者たちの個性や文化が堆積してできている。

いろいろな宗派の立派なお寺が点在しているのもその表れだ。

ただ、丹波の街の人は歴代の領主のことを忘れなかった。


丹波のあちこちに、波多野氏から江戸時代の大名家までの史跡が残っている。情の厚い国柄だったのだと思う。


さて、八上藩を継いだ松平康重は、代々有能な武将の家柄だったようだ。

良く知られているように徳川氏は、本家だけが「徳川」を名乗り、分家や家康以前に枝分かれした家柄には旧の氏姓だった「松平」を名乗らせた。これが「親藩大名」だ。

だから、松平姓の大名はみんな将軍家の親戚なのだが、この松平康重の家系はそうではない。元は「松井氏」だった。


戦国時代末期に徳川家康の家来になり、功績があったために親戚扱いとされ「松平」を名乗ることを許されたのだ。


松平康重はその二代目。能力をかわれて丹波篠山の統治を任されたのだ。ちなみに康重の「康」は徳川家康からもらった。それだけ信頼が厚かったのだ。

普通の大名なら、この地を代々統治することになるのだが、松平康重は幕府から重要な命令を受けていた。

「新しい城を築け」。


康重は、それまで高城山の中腹にあった八上城を廃して、篠山盆地の中央の丘に篠山城を築くことにした。周囲を統治するには、この場所の方が有利だと判断したのだろう。

篠山城の築城には、江戸幕府の命令で西国の大名が「お手伝い」をさせられた。これを「天下普請」という。これを見ても松平康重がただの「大名」ではなかったことが分かる。

1609年のこと。


当時はまだ豊臣秀頼が大坂にいた。秀頼の見方をする勢力が、京都、大阪に侵入するのを防ぐと言う大きな目的があったのだ。

 

こうしてできた篠山城は、わずか5万石の大名にしては、素晴らしい石垣の上に築かれている。

今、名城と言われる城は、みんな同じような石垣を持っている。和歌山城、伊賀上野城、宇和島城、熊本城、これらの城はすべて藤堂高虎が縄張りをして造ったものだ。

篠山城も藤堂高虎が手掛けたもの。

野面積みのダイナミックな石組みとエッジの利いた美しいカーブを描くシルエットは、まさに日本の城のエッセンスだ。


sasayamajou02


同じ兵庫県で、今話題の竹田城の荒々しい石垣と比べると、その洗練具合がよく分かる。

この篠山城は、天守閣が築かれず、建物は地味ではあるが、それだけに石垣の美しさが際立っている。どこから眺めても、美しいのも藤堂高虎のセンスをうかがわせる。

 

この地から篠山盆地を眺めると、戦乱に明け暮れた波多野氏や、緊張感を持ってこの地に入った松井松平氏のことが思い出される。

sasayamajou03
 

 

松平康重は、篠山城を築くと、今度は先週岸和田に転封(転勤)が決まった。紀州藩の抑えとなる地の城下町の整備を任されたのだ。

そして篠山城には徳川家康の甥にあたる松平信吉が入った。

ここから天下泰平の時代になる。

 

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓