最近、ジャーナリストとは単に「ニュースを伝える人々」になったようだ。ジャーナリスト自身も、周囲もそう思っている。「お知らせ係」のサラリーマンと言うことか。

⇓読まれたし。
池上彰が自民党のテレ朝・NHK聴取を真っ向批判!「放送法違反は政権与党のほうだ」
官僚上がりの評論家の古賀茂明氏が「報道ステーション」を降板することになった経緯について、番組の最中に「官邸から圧力があった」と言った事件。
古賀氏があたかも「私怨」で爆弾発言をしたように見えるという点で、タイミングが悪かったと思うが、この人は非常に重要なことを言っている。

政権側が、日本のメディアの言論に対して圧力をかけている。自分たちの意見と異なる意見を公共の電波で発信することに対して、間接的ながら規制を加えようとしている。
古賀氏は、「政権から圧力がかかることで、マスメディアの萎縮が起きる」という懸念を示した。

しかしメディアの多くはタレントがNG発言をしたような扱いをした。「これで古賀氏の出番はなくなるだろう」とか「古館も無事ではいないだろう」と言うようなどうでも良い話だけだ。
古賀氏の言いたかったことを要約するなら「日本は民主主義国家として、あり得ないようなことをやりだしている」ということだ。

表立ってはソフトな対応のように見える。
ただ単に、首相官邸や与党自民党が放送局に番組内容について聞き取りをする、というだけだ。恐らくは言質はとらないだろう。
しかし、政府は公共電波を管理している。放送の許認可権は政権が握っている。政府に事情聴取されて圧力を感じない放送局はない。

「政府の意向に反する意見を表明する」古賀氏に対し、放送局側が「気をまわして」降板させたのだろう。それは圧力と言うにはあまりにも微妙だが、間違いなく「政府の意向を気遣って」行ったことではあろう。

古賀氏は恐らく、そのことを発表することで、ジャーナリストが問題意識を持つと期待したと思う。
しかし、一流大学を出てメディアに就職した記者たちは、そのことにはほとんど反応しなかった。
フジテレビ女性記者とのこのやりとりがそれを象徴している。

古賀:自民党がそもそも、あんなことをすること自体が異常だと思いますよね。世界中に恥をさらすことになると思います。今日これだけ、海外メディアの方が関心をもっている中で。(中略)要するに、こういう状況の中で、(テレビ局幹部)を呼んで・・・何を聞くんですかね? 想像されましたか?

フジテレビ:一つひとつの内容について確認をしたいと・・・。

古賀:どうして、自民党が確認する必要があるんですか? 言ってみてくださいよ。

フジテレビ:先ほど会見の中でもおっしゃられていたように、圧力をかける側は圧力だと思っていない前提で、きっと呼んでいるんだと思います。

古賀:(中略)あなたは(政権と)戦う気はないんですか。

フジテレビ:それは時と場合によると思いますけど。


ジャーナリズムは単なるお仕事ではなく「権力を監視し、不正があれば厳しく糾弾する」使命を帯びている。
「絶対的権力は絶対的に腐敗する」という言葉があるが、民主主義社会においては権力を腐敗させないために、人々が権力を注視する必要がある。国民に代わってそれをするのがジャーナリストだ。「第4の権力」と言われるほどの特権的地位を保障されているのは、そのためだ。

フジの記者は恐らくいい学校を出て高い倍率をかいくぐってテレビ局に就職したはずだが、ジャーナリズムについて何も知らないのに違いない。またフジはそういう教育もしていないのだろう。お給料が良くて、有名人に会える華やかな仕事に就いた、程度にしか思っていないのではないか。

後藤健二氏は、ジャーナリストとして権力の悪事をあばき、その犠牲となっている人々の惨状を知らしめるために、イスラム国に入り惨殺された。
日本と言う安全な国にいて、取材活動をしていても、ジャーナリストとしての使命は、後藤氏と何ら変わらない。
日常茶飯なニュースや、どうでもよいエンタメを伝えながらも、常に権力のありようを見つめていくのがジャーナリストだ。
プレスパスはそのためにある。

そのことを知らない人たちがジャーナリストを名乗っている。そして権力は、彼らが惰眠をむさぼっているうちに腐敗し始めているということだ。

安倍政権は、批判的な論説を載せたドイツの日刊紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」に対して、在フランクフルト日本総領事を通じて編集長に抗議をし、中国に対するプロパガンダに利用されていると警告したという。
他国のメディアに対して国家が圧力をかけ、さらに一国を代表するようなジャーナリズムに対して、最も侮辱的な言葉を投げかけたのだ。

このニュースは世界中を駆け巡ったが、日本のメディアは大きく伝えなかった。「官邸側への配慮」をしたからだろう。

右だろう左だろうと、アメリカやヨーロッパの自由主義国でこういうことをする国はない。それは民主義国家として恥ずかしいことだ。そのルールを破っては文明国とは言えなくなる。

正々堂々と批判を受けて立つことができないのは、その国家が腐敗し始めているからだ。
この点では、安倍政権は、犬猿の仲とされる中華人民共和国や大韓民国の手法をトレースしているように思われる。
もちろん「圧力などかけていない」と言える準備は周到にしているだろう。手法は中国や韓国よりもはるかにソフィストケーとされているが、やっていることは同じだ。

安倍政権は、これまでの自民党政権とも全く違ったことをやりはじめている。この政権が続けば、日本は、中国、韓国とともに「本当の意味での自由主義国家、民主主義国家ではない」と見なされる可能性もあるだろう。

古賀氏が言いたかったのはそういうことだ。私たちも惰眠をむさぼってはいけない。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!





広尾晃、3冊目の本が出ました。