これまで4冊、野球関連の本を出しましたが、はじめての「お寺の本」です。12月半ば以降に書店店頭に並びます。
こんなコラムも書いています

Button
当ブログの読者諸氏はご存知かもしれませんが、私はお寺めぐりをライフワークにしています。
有名寺院だけでなく、市井の「ふつうのお寺」にも深い味わいがあり、地域の歴史を反映した様々な「物語」を蔵しています。
7.7万か寺あるとされる全国のお寺のうち2.5万か寺以上を回って、私は「ふつうのお寺にこそ、お寺見物のだいご味はある」と確信するようになりました。

12336193_922382927797152_1846969244_n


この本は、そうした「ふつうのお寺」の概説、「ふつうのお寺」のまわり方、さらには「そもそもお寺とはどんな歩みを続けてきたのか」を説いています。
また、お寺を回った後の「アフタースタディ」の楽しさも紹介しています。
これまでみたいな「仏像の種類」とか、有名寺院の由来、歴史などにはあまり触れていません。
そういうものは、みなさんが各自で勉強されればよいと思っています。

「ふつうのお寺」が好きになれば、あなたの住む「何にもない平凡な町」が、お宝の山のように見えてきます。
そのうえ「ふつうのお寺」に行くのには、ほとんどお金がかかりません。帯に「一日1000円からの文化、歴史トリップ」と書いたのは、そういう観点からです。

山のように出ている「お寺ガイド」とは全く趣の違う本ですが、損はさせません。1620円です。
ぜひ、お買い求めを!

O-1


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!