関西テレビの中継車の話、毎日放送の山中アナの話、今回の熊本大地震に際しては、マスコミに対する風当たりが、かつてないほどに厳しい。


関西テレビの中継車がガソリン配給の列に横入りした件、毎日放送の山中アナが恐らくは配給の弁当であろう食事をtwitterで公開した件、ともに軽率のそしりをまぬかれない。
被災地という異常な環境にあって、外部から現地に入った人間は、被災者の神経を逆なでしないように細心の注意を払うべきである。
関テレの人間も、山中アナも、至らぬ行動だったことは間違いがない。

しかし、そのことについて、被災地以外の人も含めて、多くの人が、非難の集中砲火を浴びせるのはなぜなのか。お前らは邪魔だ、と言わんばかりの罵声を浴びせかけるのはなぜなのか。

日本は災害の多い国である。我々は過去、幾たびもの大きな災害に見舞われてきた。
数多くの人命が奪われ、多くの財産も失った。建物が倒壊したり、景色が変わるほどに山が崩れたりした。

そういう悲惨な光景を、被災地から遠く離れた我々が知っているのはなぜなのか?
行ったこともない遠くで起こった災害を、手に取るように知っているのはなぜなのか?

それはマスメディアが、我々の目や耳の代わりとなって情報を伝達してくれたからだ。
危険を冒して現地に赴き、悲惨な現場に入ってその情報を伝えてくれたからだ。

だから私たちは、日本や世界で起こった様々な災難を知っている。文字だけでなく、画像や動画や音声で知っている。
現地にいたわけではないが、災害の悲惨さ、恐ろしさを追体験し、災害が不可避であることを知り、そのために備える必要があることを知っている。

いくらスマホが発達したからと言って、現地の状況を個人のスマホだけで伝えることは不可能だ。それらはマスメディアの情報を補完することはできるが、素人のスマホだけで災害の全容を伝えることは絶対にできない。

もし、マスメディアが十分に機能しなければどうなるのか。

我々は中国でたびたび起こる悲惨な事故の情報も知っている。それらの多くは極めて大規模で、多くの死傷者が出ているように思える。
しかし中国政府は、共産党や政府に責任が及ぶのを恐れて、マスメディアを厳しく規制している。中国政府が発表した情報だけを伝えるようにメディアを縛り上げている。
その陰で事故で落下した特急列車をまだ調査も終わらないうちに地中に埋めるようなことをしているのだ。

災害現場では、様々なことが起こる。悲劇もあれば、ヒューマニズムに満ちた感動的な出来事もおこる。

しかしそれだけではない。犯罪や、暴力や、不正行為も起こるのだ。熊本でもすでに窃盗団が出没していると言う報道もある。

それは災害によって、社会の秩序が崩壊したからだ。平常時よりも世間の監視の目が緩むことをよいことに、良からぬ人間がおかしなことをするのだ。
残念ながら、大規模災害で、そうした犯罪行為が起こらなかった例はない。

また、不可抗力の自然災害は、多くの場合、人災を伴う。防災面の不備や、手抜き工事などの不正がかかわっていることが多い。行政など、その当事者、責任者たちは、災害のどさくさに紛れてそうした人災を隠ぺいしようとする。
そうした犯罪行為や、隠ぺい工作は、人の目が届かないところで行われるのだ。
災害現場でのマスメディアは、そうした悪事を監視する役割も担うのだ。

だから被災地の外にいる我々は、常に被災地のことを気にかけ、見守らなければならない。「被災地を視ること、知ること」が我々にできる一番重要なことだ。そのために、我々の代表としてマスメディアを送り込んでいるのだ。
誰も知らなければ、悲惨な災害はこの世に存在しないのと同じだ。
救援の手と、報道の目、耳は、セットでなければならないのだ。

救助活動や支援活動の邪魔になるのはよくないが、マスメディアも被災地に絶対に必要な存在なのだ。
だから、彼らには現地の食糧を食べる資格がある。

もちろん、物資に満ち溢れた外部から入るのだから、自前の食糧や燃料などを持ち込むのは当然だが、それが尽きれば、現地で食糧を調達しても問題はない。

15年ほど前、アフリカの飢饉の現場に入ったケビン・カーターと言うカメラマンが、餓死寸前の少女と、その横で少女が死んだら食べようと待っているハゲワシの絵を撮った。
その写真は、ピュリッツァー賞を取ったが、ケビン・カーターは「なぜその少女を助けようとしなかったか」と世間の非難を浴びて、ついには自殺した。

この有名な話は、マスメディア、ジャーナリズムの使命、仕事の難しさを象徴的に物語っている。
そのカメラマンが少女を見殺しにしたとすれば、確かに非難されるべきではある。しかし、インパクトのあるその写真が世界で見られたことによって、アフリカの飢餓の現状は、一瞬にして伝わったのだ。



多くの日本人は、被災地にマスメディアが大挙して押し寄せ、被災者や被災現場の取材をしまくることを苦々しく思っている。
かなりの人が「そんなことをする暇があったら、被災者の救出や、支援を手伝え」と思っている。
「写真を撮る暇があったら、少女に近づくハゲワシを追い払え」と言っているのと同じだ。

繰り返しになっるが、それはおかしい。
災害の状況を誰も伝えなければ、無関係な人が支援の手を差し伸べようという機運は起こらないし、他の地域の人の防災意識も高まらないのだ。

そうは見えないかもしれないが、伝えることは、人を救うことなのだ。
そのことの大切さを、我々はもっと知らなければならない

以下続く


本屋さんに並んでいます。ぜひお求めを。