ブログネタ
AKB48選抜総選挙、気になりますか? に参加中!

hibikore
このところAKB48の総選挙の話を耳にしない日はない。一昨日は開票があったようで、民放はおろかNHKも、そして朝日新聞からサンケイ新聞まで。あらゆる大メディアがこれを「ニュース」のように取り上げた。どこかの県知事選よりもはるかに大きな扱いだった。

投票総数は1384122票。単純比較はできないが、この数字は先の参議院選挙での北海道の投票総数よりも多かった。

 

前回もそうだったが、ひいきの女性に投票するためには、1000円から1600円のCDを買わなければいけない。1CDを買うと1票を投票する権利が与えられる。何としてもひいきの女性を上位にしようと、ファンはCDを買いまくる。段ボール箱1箱分とか、2箱分とか買う人間もいる。こうして138万枚余のCDが売れた。

すでにAKB商法と言う言葉もあるそうだが、これに問題はないのだろうか?



20
年ほど前に、ビックリマンチョコ騒動と言うのがあった。チョコ菓子に入ったシールほしさに子供が、チョコを大量に購入したというものだ。このとき、マスコミは「食べ物を粗末にする」「子供の教育上よろしくない」と批判し、不正あるいは反社会的な商売だと、メーカーのロッテが非難を受けた。私は今回の騒動を見ていると、ついついこの事件を思い出す。


また、こうした一私企業の単なる販促キャンペーンを、大メディアがこぞって報道するのはなぜなのか。
昨日の朝日新聞などは「社会現象」と書いていたが、むしろ「社会現象」とは、ただの販促活動のお先棒を、公共放送から民放、大新聞までが右へ倣えで担ぐことだと思うのだが。
また、朝日はこの投票に53万円も使った男性のことを書いてはいたが、最終的には「自己責任」的にまとめていた。
 

こうして購入された大量のCDの行方も気になる。まさか同じ板を何枚も聴き比べる人間もいないだろう。
大量購入者は、その大部分を一度も聴くことなく、封を開けることさえなく業者に売るか、廃棄するだろう。
おそらく中古市場では、売値がつかないに違いない。電力危機、資源の無駄遣いが叫ばれている中で、製造、プレスにかかわる原料費やエネルギーコストも含め、莫大な「無駄」が生まれていると思うのだが。


どなたか、以下の3つの質問に応えていただきたいと思う。

 

1)         今回のAKB総選挙とビックリマンチョコの商法は何が、どう違うのか。

回答例1)ビックリマンチョコは食べ物だが、今回はCD。食べ物を粗末にしているわけではない。

回答例2)ビックリマンチョコは分別のない子供が買っていたが、今回は責任能力のある大人が、納得して買っている。

回答例3)時代が変わったのだ。

 

2)         マスコミはなぜ、こぞって、この総選挙をほぼ無批判で報道するのか。

回答例1AKB48の悪口を言うと、自社のメディアに出演してもらえなくなるから、批判はしない。

回答例2)この記事を掲載、放送することで視聴率や部数が伸びるから。

回答例3)時代が変わったのだ。

 

3)         大量のCDが何ら活用されることなく廃棄されるが、それでいいのか。

回答例1)経済効果があれば、それでいいのだ。

回答例2)消費者が自己責任で購入したのだから、その先がどうなろうと知ったことではない。

回答例3)時代が変わったのだ。


法に触れていないからいいのだ、という意見が寄せられそうだが、それは答えにはなっていない。人は「法」だけで生きるわけではなく、その内側に、他の人と平和に、幸せに生きていくための「倫理」や「人の道」「マナー」などのルールを設けている。普通の人間は、その「内側」で生きている。

マスメディアは、今や公明正大でないことくらいは私も知っている。ジャニーズ事務所や特定の宗教団体など、批判的な報道ができない相手がいることもわかっている。
 

しかしAKB48の問題は、ここまで派手にやっただけに、かなり多くの人が疑問を感じているはずだ。
TVのワイドショーなどでも、何か言いたげな顔をして黙っているコメンテーターを良く見かける。非常に気味が悪いのだが。
全体として「景気のいい話だ」と肯定する意見が基調路線になるのは仕方がないが、せめて「やり過ぎだ」とくぎを刺す論調が出てこないものか。日本全国が拝金主義に覆われていくような気がする。

私の知り合いの中にも、アルバイトで得た金をすべて総選挙につぎ込んだと言う若者がいる。彼に「良かったね」という人は、恐らく周囲にはいないだろう。 


昔は、こういう阿漕な商法は、商道徳を重んじるビジネスマンには、恥ずかしくてできなかった。


このイベントの経済効果は200億円だそうだ。こんな風に、特定の人間に不必要なものを大量に購入させることでも経済効果があるというのなら、「オレオレ詐欺」や「脱法ハーブ販売」なども、経済効果があると言うことにならないか。


秋元康と言う人は、私の世代では美空ひばりの「川の流れのように」の作詞家として記憶している。
まじめに、地味に、コツコツがんばる日本人の琴線に触れる歌を作った人だと思っていたが、その延長線上にこうした商法は連なっているのだろうか?

「川の流れ」は、どこをどうたどって、「金の流れ」につながっていったのだろうか。

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓